本文へスキップ





表紙 > 情報の定期便 > 上昇気流(平成弐拾五年)

上昇気流 皆様方と私達を結ぶ情報の定期便

上昇気流 平成弐拾五年 弐之巻

  【皆様方の声をお聴きする】

 私たちは皆様方の「わからない」という声を充分にお聴きし「わかる」 に変える支援(SHIEN)に全力を注ぎます。これがホームページ(http://www.akaruikeiei.com/)に掲げている私たちの経営理念である。
 しかし、まだまだ未熟で皆様方の「わからない」という声を充分にお聴きできていないかもしれない。世界に向かって行動されていらっしゃる皆様方の日々のわからないに応えたい。まず、皆様方のお話を最後までお聴きするよう努力いたします。ここ数年静岡大学の舘岡先生にSHIENの本質を学ばせて頂いた。これも、まだまだのところがあるが、「させる」「させられる」管理の社会より、「してもらう」「してあげる」のSHIENの社会に早く近づきたい。これから、世の中は、きっとSHIENの社会になるだろう。そのためには、皆様方のお話を最後までお聴きするよう努力することが大切に違いない。私たちは皆様方の「わからない」という声を充分にお聴きし「わかる」 に変える支援(SHIEN)に全力をそそぎます。この理念を、今こそ、利他性を考え、もっともっと大切にする時が来たようだ。

  【自然に心を開く】

 自然の音、光、風、人の声などに心を開く。そうとう荒れていて老人ばかりが暮らしていた瀬戸内海の直島には今や世界中からたくさんの人が押し寄せる。福武總一郎さんや安藤忠雄さんが中心になってそのような環境に変えられた。情報・緊張・興奮・娯楽があふれる都会の喧噪からはなれて、心にも体にも元気を与え、安らぎを感じさせる環境を創られた。そこには、利他性がある。利他性に基づく行動には温かさがある。「してもらう」「してあげる」の関係がそこにはいつもあるように思える。自然に心を開く時このような環境が想像できたことに驚く。

  【明るい経営】

 siensien@akaruikeiei.com は私たちのメールアドレスである。このメールアドレスを考えた時には明るい農村というNHKの番組から発想させて頂いた。そして、できれば暗い会社より、明るい会社を支援させて頂きたいと思った。これからもたくさんの明るい会社の社長さんとお付き合い願えればと思っている。明るい経営をなさっておられる会社では、会計が呼吸をしている経営支援会計を実践されている。もう一つ、明るい経営をなさっておられる会社では会計を家族ではなく、他人に出発時点から任されている会社が多いように思う。

  【印紙税】

 印紙税が経済取引に伴う事務的負担及び税負担を公平かつ簡素にすることにより、国内経済の活性化を実現することを目的として見直されました。この考え方が、すべての税法に反映される日の来ることを願うばかりです。この改正は平成二十六年四月一日以降に作成される受取書から適用されます。是非社内に浸透させる準備が今から必要になるでしょう。
 改正内容は金銭又は有価証券の受取書のうち記載された受取金額が三万円未満から五万円未満に引き上げられ、結果として、五万円未満の金銭・有価証券の受取書には収入印紙が不要になります。社内の印刷物等記載内容に変更を要する時には、今からその準備をされることをお勧めいたします。すべての税法がこのように公平・簡素を旨とする法体系に近づくことが願われ、国民の声を是非とも立法の段階で最後までお聴き頂けたらと思います。

上昇気流 平成弐拾五年 壱之巻

  【世界を変える】

 私たちは、毎日昨日の続きを生物として生きている。そして、政府が、過去の経験や理論で金融政策や財政政策を駆使し、結果として今日の膨大な国家債務を世界中で抱えるに至った。この現状に対応して、例えば、給与を減額し、増税して、財政の均衡を図ろうとするが、その行為は各国の国民の可処分所得を下げ、結果として消費を益々減退させるように思えてならない。今日に至り、私たちは生物としてなぜこのような状態になったかを出発点に戻り、考えてみることが大切なように思える。そして、国家が生み出す全く新しい制度や企業が生み出す全く新しい製品が、昨日の続きを生物として生きるためのものでなく、これからの世界を変える気概をもって開発される時、きっと活き活きとした社会が生まれるだろう。この世に生を授かった人間として、自然の掟を踏まえつつできる限り簡素化された人の定めた法に従って行動さえすれば、全ての費用が最小化し明るい社会が築かれる。人々は、保護、助成、補助、特別措置等国家に要求することを控え、各々が自律し国家の費用が最小になる努力をした時、明るい社会が待っている。みんなで、そのよう社会が実現するように世界を変える努力が必要になろう。

  【利 他 性】

 自利とは利他を言うとTKCの飯塚 毅先生に教えて頂いて久しい。そして、今、静岡大学の舘岡康雄先生に『利他性の経済学・支援が必然となる時代へ』を通して、さらに、『世界を変える支援学・力を引き出しあう働きかた』から利他性を学ばせて頂いた。これからの世の中、この利他性を踏まえた人々の行動が、優しくかつ温かい社会を醸成するだろう。私どもの事務所も、この利他性を社会に発信することによって、素敵な人々からたくさんの仕事をご紹介頂けるようになってきた。

  【過程を楽しむ定】

 定刻、定質、定量、定向、定位置を守ると、経営は繁栄する。時間を守り、時間通りに行動し、一定の質を保ち、一定の量を確保し、一定の方向を向き、いつも物を定位置に置く。この生き方により、仕事の過程を楽しむ工夫がいるが、結果から見ると均整が取れ、美しく無駄を無くすことができそうだ。 硬直的な行動様式に見えるが、この様式を相互支援で常に改善変化させると、きっと明るい経営が実現し、その変化の過程をも楽しめる社会が訪れる。

  【復興特別所得税】

 平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間復興特別所得税として、所得税額×2.1%が追加的に課税される。個人の方で所得税を納める義務のある方は、復興特別所得税も併せて納める義務がある。給与所得者の方は、平成25年1月1日以降に支払を受ける給与等から復興特別所得税が源泉徴収されることとなる。平成25年から平成49年までの各年分において、予定納税基準額が15万円以上である方は、所得税及び復興特別所得税の予定納税をすることになる。
 平成25年から平成49年までの各年分の予定納税基準額は、所得税及び復興特別所得税の合計額で計算することになる。
 所得税の振替納税を利用している方については、振替日に指定の預貯金口座から所得税及び復興特別所得税に係る予定納税の合計額が併せて引き落とされる。法人については3年間法人税額の10%の課税が行われる。

バナースペース

天分発見ワークショップ

天分発見ワークショップとは、
静岡大学大学院教授舘岡康雄先生による、世界を変える SHIEN学について学ぶワークショップです

天分発見ワークショップfacebook

毎週土曜日に
森本が投稿しております


講習会

2016.08.20〜09.10  〜終了〜
主催:一般社団法人Wazabee
『人生をデザイン
 してみませんか?』(全4回)
2014.11.06  〜終了〜
主催:社団法人 大阪府工業協会 経営と経理 "経営管理"の必須知識と活用法(全8回)
第1回『財務諸表の見方と活用〜経営活動を支援する〜』
    
2014.07.07  〜終了〜
主催:社団法人 大阪府工業協会 経理実務担当者能力開発コース(全12回)
第10回『株主総会・取締役会の運営と運営実務』
2014.02.14 〜終了〜
近鉄百貨店グループ 主催 〜ようこそ新しい会計の世界へ。企業人に必要な会計知識を学ぶ!〜『財務諸表理解への道』

寄稿しました

経営・税務・労務の実務誌
「月刊 コントロール」
株式会社コントロール社 発行

◆2015年1月号
『経営SHIEN会計 第4回
管理会計と経営KANRI会計

◆2015年2月号
『経営SHIEN会計 第5回
経営分析と適時経営分析

◆2015年4月号
『経営SHIEN会計 第6回
差異調整表・財務諸表

◆2015年5月号
経営SHIEN会計 第7回(最終回)
経営SHIEN会計 〜日常活動での取り組み〜


Wazabee税理士法人

〒540-0037
大阪市中央区内平野町2-1-9
    シグナスビル902号

TEL 06-6949-3929
FAX 06-6949-3928